« 梅の花を開く鍵は? | トップページ | わたしの石の変遷 »

2008年4月18日 (金)

星座の象徴色(円盤型)のコトタマバージョン

引き続き先日の円盤型の図に基づいて話をします。

星座の並び順(内側の円周)で、向き合った同士の色に対応する数を足してみると、残念ながら和は完全一致こそしないものの、なぜか14が多く(6種類のうち3つが14))、あとは13と15がひとつずつで、一番離れたものでも17など大きく食い違う結果にはならなかった。

山羊座/蟹座→5+10=15
水瓶座/獅子座→7+6=13
魚座/乙女座→12+2=14
牡羊座/天秤座→9+8=17
牡牛座/蠍座→13+1=14
双子座/射手座→3+11=14

Seiza2 またコトタマを対応させてみてもやはり一定の法則性があるのがわかり実に興味深い。もう一枚コトタマバージョンも作りました。まとめのページではオンマウスで別バージョンを表示するようにしてあります。

母音だと向き合う同士は//////となり、国だと//////の組み合わせになる。

|

« 梅の花を開く鍵は? | トップページ | わたしの石の変遷 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。