« 外山恒一はヒクイドリ | トップページ | さっちゃんの誕生日に来た聖霊 »

2008年5月 8日 (木)

きらとくくるを描き分けてみるテスト

Kirakukuru

さる5月5日はきらの6歳の誕生日でした。記念に一枚。くくるは4月7日で5歳に。せっかくだからきらとくくるを描き分けてみるテスト。使用ブラシはリアルブリスルブラシ(細部はアクリルの細密ウェットやデジタル水彩)。

似てるようでけっこう違うきらとくくる。きらはふっくらとした丸顔で、鼻のカーブはゆるやかで、あごがわりとしっかりしている。くくるは鼻のカーブが急で(人間でいえば鼻が高いのだろうか?)、しかしあごなしちゃん。そのせいかよく舌が出しっぱなしになってる。普通に牙も見える。

きらは黄色味の強い雉猫で豹柄。くくるは雉猫というよりは黒虎猫。体格はきらはずんぐりむっくり、くくるはすらりにゃん。しっぽはきらは長く、くくるは中ぐらいの鍵しっぽ。きらはいつも目を細めてまったりした表情をしている。くくるはいつも目をきょろきょろさせている。

首輪はいつもきらは赤系、くくるは青系にしている。きらは女の子らしいのが似合うけど、くくるにはまったく似合わない。くくるはイケメンだったパパに生き写しで、美形なんだけど女の子にみえない残念な子。成長も止まってるみたいで人間でいえば12歳ぐらいの少年にみえる。

|

« 外山恒一はヒクイドリ | トップページ | さっちゃんの誕生日に来た聖霊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。