« INRI=稲荷 | トップページ | ローマ法王が魔王である件について »

2008年6月30日 (月)

ブログ妖精ココロ設置しました

菊姫稲荷アオスジアゲハのエピソードについて、宮津大好き!ブログの菊姫稲荷(お菊稲荷)の項目に書いています。

寂れて打ち捨てられたような稲荷神社、そして子供の工作のような稚拙な化粧地蔵、そこで自らの秘密をこっそりと見せてくれるアオスジアゲハ。宮津だからこその、不思議な体験でした。

化粧地蔵は子供の神様で、毎年色を洗い流したあと、子供が記憶を頼りに塗りなおすのだそうです。だから年を経るごとに微妙に変わっていく。

なんとなく、子供がアニメなどの絵をまねして描くのに似ているかも。絵をお手本にさらに絵を描くみたいな。劣化コピーといえばそれまでですが、子供ってそんなものかなぁとも思うのです。アオスジアゲハに象徴されるデジタルの人工精霊も、そんなアニメの絵に宿るのかもしれないね。

そういやぁ、ココログには「ブログ妖精ココロ」ってキャラクターがあって、それなんかまさにアオスジアゲハっぽいなぁなんて思ったりします。というわけで設置してみた。いきなりひみつ記に「王様にも女の子にも重い過去があるもんです」だってさ。なんと意味深な…

|

« INRI=稲荷 | トップページ | ローマ法王が魔王である件について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。