« 鳥居の上の石積みの不思議 | トップページ | 真名井恋慕 »

2008年6月21日 (土)

真名井神社の写真UPしました

宮津大好き!ブログを連日更新しているので、こっちはお留守になりがちです。昨日と今日で、宮津最大の聖地である真名井神社の写真をUPしました。

ただ、その中でも一番神聖な磐座は写真を失敗してしまって、あまりいい写真ではありません。神様がまだ見せたくなかったのかなーとかいうことにしておこうか。いやいやたぶん単なる自分のミスだと思うけどw。写真はまったくの素人だからね。

今回いろいろ撮ってみて、勉強になりました。撮り忘れや撮影失敗も多かったので、その挽回を原動力に次回につなげます。

つくづく思うことは、わたしは本当に宮津が好きなんだなぁと言うこと。今はしかたなく離れた場所に住んでいるけど、きっといつか帰りたいな。わたしが骨をうずめる場所があるとしたら、それは宮津しか考えられない。

車の免許がないから、宮津に住んでいた当時から、行動範囲は自転車で行ける範囲内だけだったんだけど、宮津はめぼしいポイントが狭い範囲に凝縮しているよ うな町であることもあり、ずーっとここにいたいと思わせる、不思議な何かがありました。わたしはもともと引き篭もり体質なので、行動範囲が狭いのは苦にな らない。インターネットさえあればね。

宮津から引き剥がされたわたしはまるで、自分の部屋から引きずり出されたヒキコモリのよう。じゃあ、宮津の中でも真名井神社って、ヒキコモリの命の源泉であるインターネットのようなものではなかろうか。

そういえば、産盥(うぶだらい)=神様が産湯を使うためのたらいの背後には、聖剣伝説のマナの樹のような神秘的な木もあったんだよね。それもちょろっと 写ってますが、次回はもっとはっきり撮ってきたいな。なぜか以前は見えなかったものが、少しずつ見えるようになってきている気がする。

単にそれまで気づかなかった自分がぼんくらなだけかもしれないけどw

|

« 鳥居の上の石積みの不思議 | トップページ | 真名井恋慕 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。