« エントロピーで読み解く国と国の力関係 | トップページ | 欲望を定義する »

2008年8月15日 (金)

負の記憶は知性 言霊はマトリックス

終戦記念日なので、それらにまつわる、心に残る言葉を引用します。

負の記憶は知性 - なんかの番宣より

総統、黒魔術をお選びになってはいけません。今日ではまだ、白魔術と黒魔術のどちらも、あなたの自由に委ねられています。でも、いったん、黒魔術をお決めになってしまうと、それはもう決してあなたの運命から消え去ることはなくなりますよ。早くて安易な成功を選んではいけません。純粋な霊たちの国の権力が、あなたの手に委ねられているのです。あなたの創造力を奪うような、地に縛られた存在によって、あなたの本当の道からそらされてはいけません。 - アドルフ・ヒトラーに宛てられた警告より

わたしの誕生日(1月7日)は、昭和天皇が崩御した日と同じです。だからといって特に天皇家に思い入れがあるわけでもないのですが。

うちは母子家庭で、母はクリスチャン、我が家の女王として君臨していた姉(ミッション系スクールに通っていました)は日本が嫌いでアメリカ大好きで、東京で知り合ったインド系アメリカ人(職業は科学者)と結婚して、今はアメリカに住んでいます。

わたしは日本の伝統的な行事や古い因習、何も教わっていないので、何も知りません。我が家は日本文化破壊の走りのような家なので。(脚注)

それでもわたしがこれだけは譲れない、大好きなものがあります。それは日本語。これだけはほかの言語に代わりはできません。これだけは誰にも奪えないし、誰にも独占できないし、誰もその法則から逃れることができない。

むしろ受けた攻撃を取り込んでしまうような、底なし沼のような性質があり、その負の記憶から生まれた英知の結晶が、言霊であり、色と音と数の法則であるのだと思います。マトリックスのようなもの、でしょうか?

映画『マトリックス』のシステムの画面は日本語のカタカナのような文字がびっしり並んでいたことも興味深いです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

脚注

母から言わせれば、「自分はちゃんとしつけようと努力していたのにあんたたちがちっとも言うことを聞かなかった」と言うだろうがw

ただし妹はおばあちゃんっ子で例外。わたしと姉はおばあちゃんからは蛇蝎のように嫌われていた。この辺は血液型できれいに分かれるかもしれない。お ばあちゃんと母と妹の《古きよき日本》チームはA型、《ダメ人間》父親はB型、《破壊神》姉とわたしはAB型。おばあちゃんは母の結婚相手である父のこと をそもそも忌み嫌っていたのだ。その血を濃く感じさせるわたしのことも嫌いだったのだろう。

|

« エントロピーで読み解く国と国の力関係 | トップページ | 欲望を定義する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。