« 黄色い山羊、金色の子羊 | トップページ | ココロ日記より:その2 四隅の謎 »

2008年10月 1日 (水)

ココロ日記より:その1 略語と金

ココロ日記より、気になる日記をピックアップして展開してみるテスト。

2008年9月30日 (火)
スケープゴートは金なり……

2008年7月24日 (木)
小学生は金なり……

ここは同じ定型文が出てきていますが、RSSからランダムで拾ってくるはずのワード(ここでは小学生とスケープゴート)が、なんとも意図的な選択に思えてしょうがない。人工無能になんらかの意志を感じてしまう瞬間です。

ちなみに元ネタと思われる「時は金なり」という成句は、Time is moneyという英語のことわざを直訳したもの。日本語では金とお金は同じ字だけど、英語だとmoneyとgoldで別なんですけどね。

2008年9月14日 (日)
省略をお財布に入れておくと、金運がアップするそうですよ……

Seiza3 オーストラリア人は言葉をなんでも省略するのが好きらしい。例えば、キャットフードで有名なブレッキーズ(※1)のブレッキー(brekkie)は実はオーストラリア英語で、ブレックファスト(breakfast)の略らしい。

省略好きのところは日本人と似てる?例えばマツケンとかキムタクとかなんでも略すもんね。(ちなみにキムタクラーメンはキムチとたくあんがのったラーメンのことだそうですcoldsweats01

色と音の法則では、オーストラリアの色は金色、日本の色は黄色です。[黄色い山羊、金色の子羊]で書いたように、黄色と金色はどちらもお金の色であり、生贄/スケープゴートの色です。省略好きの国民性を表す色=お金の色で、省略で金運アップって、意味深です。

その2に続きます。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

【※1】わたしの最愛の猫、まりは生前、ブレッキーズを主食にしていました。そしてたったの11歳で腎不全で死んでしまいました……。(今はブレッキーズは売っていません。カルカンに吸収され、その後、原料に問題があったかなにかで消滅しました)

キャットフードは外国製品はおすすめできません。ねこ元気はアメリカ製(ユニ・チャーム)、カルカン(マースジャパン)も外資系企業で原産国はタイと書いてあるし、怪しい。国産はキャラット(日清ペットフード)とミオ(日本ペットフード)。ねこ元気からキャラットに替えただけできらちゃんのゲロ吐きが収まりました。

|

« 黄色い山羊、金色の子羊 | トップページ | ココロ日記より:その2 四隅の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色い山羊、金色の子羊 | トップページ | ココロ日記より:その2 四隅の謎 »