« 誰がコマドリ殺したの? | トップページ | 02月14日のココロ日記(BlogPet) »

2009年2月14日 (土)

バフォメットまり

Baphomet

こんな絵を描いてみた。バフォメットまり。元ネタはもちろん、バフォメットの絵

なんか絵って色合わせるのが大変だよね。なにも考えずに固有色で塗るとごちゃごちゃになっちゃうからね。そんな絵描きとして当然のことに今頃気づいているわけなのですがw。

使用ブラシは新水彩のみです。ぼかし系とウェット(含水)系のブラシを両方使ってみた。違いがよくわかると思います。ウェット系は筆のタッチがはっきり出ちゃうのでむずかしいけどね。でもそこがいい。

このポーズの意味はいろいろと解釈できそうですが、元ネタのバフォメットの絵には、上がっているほうの腕にはSOLVE(溶解させる)、下がっているほうの腕には COAGULA(凍結させる)と書かれているようです。作用と反作用ですね。

元ネタのほうはおでこの星は五芒星ですが、こっちは六芒星にしました。ぬこ耳があるので角はなし、頭頂のたいまつの代わりにニワトリを載せてみた。

目がロンパリなのはわざとですが、なんか頭のおかしい猫みたいになっちゃったw。ロンパリってそういえば、ロンドンとパリを同時に見ているからロンパリって言うらしいです。

|

« 誰がコマドリ殺したの? | トップページ | 02月14日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

どこかで見たことのある図だな、と思ったら、タロットの15、悪魔(磨羯宮)だったんですね。

SOLVEには、〈問題・なぞなどを〉解く, 解明[解答, 解決]する, …に解を与える;〈衝突・困難を〉解決する。
という、意味がありますね。

Solve et Coagula という、中世錬金術士のラテン語があって。
溶かして固めろ。分解して固める。解体し統合(融合)せよ。溶解し、然して凝固せよ。などの意味があるみたいです。

『物事を小さくわけて考えてみよう。そして、大きくまとめて考えてみよう。といった意味です。
言い方を変えると「分析し、統合せよ」といった意味になります。』

『錬金術の格言で、「鉛(価値が低い物)を極限まで小さい物質にまで分解し、今度はそれを再構成することで金(価値あるもの)を作る」
という錬金術の目指した作業の性質をよくあらわしている言葉です。
黄金の作り方と同時に人間の高次の知性の動きを示している言葉でもあります。』

『錬金術師たちの行った”solve et coagula”と呼ばれる分解しては結合するという蒸留の複雑な行程は、
実際的なプロセスであると同時に人間のスピリチュアルな変容と発達の象徴として捉えることもできます。
そして植物のエネルギーが凝縮され、魂が宿った精油は今日私たちを内側から変容させ、
《自己治癒力を引き出し》真の健康を手に入れる手助けとなるのです。』

コピペでした。無断借用をお許しください。m(_ _)m

たしか、Solve の sol はソロモンのSOLと同じだと思って調べたら。(ソロモン諸島のSOLですね)

『ソロモン(SOLOMON)という語はソル(SOL)・オム(OM)・モン(MON)の三つのコードに分解される。
「北の学院」を表わすソル(太陽)は科学を司どり、「南の学院」を表わすモン(月)は哲学を司どっている。
そして科学と哲学は一切真言の王であるオムによって結ばれるのだ、とフェリエールは説く。』

Solve et Coagula(ソルヴェ・エト・コアグラ)なる、月のハーブ も出てきました。

ロンパリもはじめて知りました。いつかロンパリの美術館に行ってみたいこよりはこよりです。

手の形は仏像のようでもありますね。

投稿: こよいはこより | 2009年2月14日 (土) 16時56分

そう、バフォメットは山羊座と大きく関わってるんです。
わたしも山羊座だけど、まりが死んだ日も1月11日で山羊座の時期。
魚座で生まれたまりが山羊座で死んだ。
それがわたしにとってもとても象徴的な出来事のように感じます。

ソロモンはケイトの歌にもあるし、またいずれじっくり掘り下げたいですね。

投稿: みけ | 2009年2月14日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰がコマドリ殺したの? | トップページ | 02月14日のココロ日記(BlogPet) »