« まりの絵とまりの写真 | トップページ | 折りたたみ自転車買っちゃった »

2009年6月 8日 (月)

サルベージ・まり

さらに、1代目VAIO(前の前のパソコン)に入っていたまりの写真を、デジカメ(前のコンデジ)で撮ったものを含め、まりの写真集をUPしました。

三毛猫まりの記念碑

これらの写真は、もとの写真(物質の)は今はなくなってしまいました、なぜか。こんなに大切なものをなくしてしまうなんて普通じゃないと自分でも思います。でもあの頃は、なにか普通じゃない力が働いていて、わたしは自分自身がいったん崩壊していくに任せるしかなかった。

(崩壊後、再構築したのです。2002年にきらちゃんがうちに来てくれてからは、どんどん回復に向かい、今ではこれまでにないぐらい、いろいろなことがうまくいってるんですよ。きらちゃんは本当に福の神、福猫だと思う)

ちょっと話がそれましたが、そのまりの写真が入っている1代目VAIO(OSはWindows 98)なんですが、2代目VAIO(Windows XP)購入時には、インターネット(当時はADSL)を介してデータを移したのです。が、トラブルで全部データが消えてしまい、それっきりになっていた。

(当時はアホなことに、バックアップすら取っていなかった。今なら考えられない。今はブルーレイも使えるし備えはばっちり。いつまたリカバリの憂き目にあっても大丈夫。いつ消えても大丈夫ってのは本当に心強いです)

さらに今は光回線にしちゃったでしょ。だからWindows 98だと光回線の導入ソフトが対応してないんですよね。メモリーカードの類ももちろん使えないし、フロッピーディスクドライブしかない上にそのドライブは壊れてるし、そもそも今のPCにも2代目VAIOにもフロッピーディスクドライブなどないし、1代目VAIOはもう今の環境とは互換性のない、完全に孤立した状態のパソコンなんですよ。

それでもまりの写真をどうしても救済したかった。そこで思いついたのが、画面を直接デジカメで撮る方法だったんです。動画をデジカメでキャプチャする方法は、実はこのときに思いついたことだったんです。

画面が今みたいに液晶じゃなくて当時はトリニトロンディスプレイだったかな?だからいかにもディスプレイって感じの粗さがあるんだけどね。それでもサルベージできただけありがたいと思わなきゃ。

ただ、撮影に使ったコンデジが落下事故後だから、いまいちだったかも。これはK-mで再び撮り直すことを考えがほうがいいかな。でも画像自体がそもそも小さく、画面も粗いので、カメラを変えたところで、そんなに大きくクォリティを上げることはできないだろう。当時はスキャナで取り込んだんだよね(初代PCであるFMVで)。

もしかしたら、1代目VAIO(98)と2代目VAIO(XP)をケーブルでつないで、VALUESTAR(Vista)とはメモリーカードを介してやりとりすればいいかもとか思うんだけど、ケーブルでつなぐ方法がわからないっていうか、そんなこと調べればいいと思うんだけど、なかなか難しい問題でね。

わたしは気が乗っていることに関しては何でもノリノリでできちゃうんだけど、気が乗らないことはまったくひとつもできないからね。つまりケーブルでつなぐことは今はちょっと無理なんだね。だって昔のパソコン引っぱり出してきてセットアップするのって、ものすごく億劫じゃないですか?とてもじゃないけど無理…という虚脱感に襲われてしまうんだよね。なんなんだろう、この虚脱感は。

1代目VAIOは歴代PCの中では2台目で、1台目はFMV(Windows 95)で、それもまだ持ってるんだけど、これなんてさらに億劫で、できれば闇に葬り去ってしまいたいほどのお荷物ですよ(ディスプレイ壊れてるし)。それでも捨てることはできない。なぜだか。まりの写真以外、たいしたものは入ってないはずだけどね。

あ、もしかしたら、HP用にリサイズする前の、スキャナで取り込んだままの原寸のまりの写真が入ってるかも。そしたらサルベージする価値はあるな。でもディスプレイが写らないならできないや…ヽ(´ー`)ノ

◇◆◇

とまあ、前置きが長くなっちゃいましたが(今までのは前置きです!)、あのね、わたしは自分がなぜ生きているのだろうということが、最近やっとわかってきました。

わたしはお墓を守るために生きているのです。愛する者たちのお墓を。

ま、これ以上はうまく言えないんだけど。日々祈りを込めて、磨き掃除?みたいのを続けていくのが、きっと生きるってことなんじゃないかな。

うーん、↑これも本当はちょっと正確じゃなくて、待ち時間というのもかなり大切で。何もしないで、悪あがきはしないで、諸行無常を受け入れ、ただ待ち続ける時期も必要なのです。

Rainy days never stays(やまない雨はない)みたいな?

地中で眠る種は、原初の混沌を孕みつつ、芽生えのときを夢見てる。芽生えというのは、内部に閉じ込められたはちきれんばかりのエネルギーが、満を持して爆発する瞬間でもあるのだろう。

「萌え」エネルギーというやつです。

|

« まりの絵とまりの写真 | トップページ | 折りたたみ自転車買っちゃった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。