« ソフィアとテレートス | トップページ | 狐の嫁入り »

2009年8月11日 (火)

ブリグリ・フェブ・ヘヴ好きな曲BEST 3

今回は普通にレビューっぽく書きます。

the brilliant greenで好きな曲BEST 3

  1. ENEMY
  2. Forever to me~終わりなき悲しみ~
  3. I Can Hold Your Hand Baby

2曲目までは智子のお気に入りと同じだった。びっくり!なの?当然!なの?(自分としては、やっぱり…という感じ) 智子の3曲目は『The Night Has Pleasant Time』らしいけど、3曲すべて一貫してるね。どこかゴシック的で耽美系というか。少女漫画好きだもんにぃ。

『I Can Hold Your Hand Baby』とも歌詞の内容が似ているように思います。「夜よ、そばにいて 月影の幻でもいいから」とかいうあたりとか。

違いは『The Night Has~』のほうがネガティブで、『I Can Hold~』のほうがポジティブってことでしょうか。『The Night Has~』のほうはいずれ来る終焉を悲嘆しているだけだけど、『I Can Hold~』のほうは夜の終わりを告げる朝日を捕らえて、籠に閉じ込めちゃいますからね。実行力があるw

いずれも乙女の祈りのような曲であり、詩であるね。

【参考リンク】
the brilliant green - I can hold your hand baby 歌詞
the brilliant green - The night has pleasant time 歌詞

EMEMYのほうは以前に動画を貼ったので、今回はForever to meのほうを貼ります。最近、ブリグリのPV、削除されないようになったみたいで、いい画質のがUPされてました。

the brilliant green - Forever to me~終わりなき悲しみ~ (2002年)

Tommy heavenly6で好きな曲BEST 3

  1. Flower Crown
  2. 2BFree
  3. Wait For Me There

3rdから2曲になりました。アルバム全体では1stがめちゃくちゃお気に入りだったんですが、3rdのじわじわくる浸透力もなかなか。どうもわたしは重苦しい曲が好きみたいですね。

前に3rdについての記事を書いたときは、1曲目の『Wait For Me There』は挙げていなかったんですが、PVも併せて観ているうちに、すごいはまってきちゃって。だってアリスだよアリス。どこまで反則技を使うのこの子は!みたいなw。退廃とコケティッシュの絶妙なハーモニーがいい。

それにそこはかとなく貴族的な香りが漂う。こういう雰囲気を身につけはじめたのはわりと最近のことのように思う。それにしても、30過ぎてアリスやドロシーの格好して違和感ないのは世界広しといえど智子さんぐらいです。

逆に、当初お気に入りだった『Leaving You』は、延々とオカマの絡みを見せつけられるのがなんだかなーって。それでだんだん嫌になってきた。せっかくいい曲なのに、智子のせいだ(;^ω^)。まあ、そのために退廃感は出てるけどね。

Tommy heavenly6 - Wait For Me There (2009年)

Tommy february6で好きな曲BEST 3

  1. ♥Lonely in Gorgeous♥
  2. ふたりのシーサイド
  3. The RoSe fraGranCe

『♥Lonely in Gorgeous♥』(ロンゴー)はダントツで一番好きですね。色っぽ可愛くて萌え萌え。次に、ロンゴーのシングルのカップリング曲2曲両方(Is this feeling love?、E-mail♥more)もすごく好きで迷うんですが、どうもわたしは日本語歌詞が好きみたいで、この選択。全部失恋の曲というw

最初に大当たりを出したアーティストが、年月を経てさらにいい曲を作るようになっていくなんて珍しいよね。そんなの奥田&智子夫婦しかいないような気がする(松井さんは…;)。

PVでは初心に返ってフェブが飲んだくれてるのがいい。やっぱフェブはこうでなくっちゃ。(アルコール中毒はフェブの当初からのキャラ設定。隠し持ったフラスコをラッパ飲みしながら歌います。実際の智子はお酒は1滴も飲めないらしいけどね)

Tommy february6 - ♥Lonely in Gorgeous♥ (2005年)

|

« ソフィアとテレートス | トップページ | 狐の嫁入り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。