« 色のチラリズム | トップページ | 永遠の少女・河合その子ちゃんのこと »

2009年12月 4日 (金)

天道虫とお天道様とミカエル

コムデギャルソン2010年春夏コレクションの動画を見て、いろいろと思うことが浮かんできたので、覚え書きがてらにざっと書いてみようと思います。

まずこれ、動画。今回もすばらしかったです。

【参考リンク】
こちらでは詳細な画像が見れます。
2010 春夏コレクション - Paris プレタポルテ - コム デ ギャルソン

ぱっと見て思うことは、なんか全体的に、テントウムシに見えるということと、そしての強調。

なんでいろんなとこ無意味にボコボコしてるのかなぁと思ってよく見たら、いろいろな素材の服の肩の部分をつなぎ合わせたような服なんだよね。肩の部分だけで全体を作ってしまうという、さすがギャルソンというすごい荒技。

服を作ってるんだか、服を破壊してるんだかよくわからないという。つまり破壊と再生(死と再生)ってやつでしょうか?

肩パットといえば1980年代に流行りました。最近またリバイバルの兆しが見えるそうです。わたしは元々女のわりに肩幅が広いほうで、当時から「肩パット要らず」を自称していました。むしろ元々広い肩幅にさらに肩パットを入れるのが苦手で、たいていパットを取り外して着ていたことを思い出します。

逆にパフスリーブのように、女性の細い肩を可愛らしく飾る目的の服も致命的に似合わないので苦手ですけどねw

んで、その「肩」ですが、肩は重い荷物を担ぐ場所、転じて「責任」を意味する。「肩書き」とは地位のことを指しますが、地位というのは、より多くの責任を背負っていることが前提だもんね。

男性は肩幅が広いほうがかっこいい。なぜなら、そのほうが生物的に強く、頼もしく、甲斐性があるように見えるから。(女で肩幅広くても何もいいことありませんけどね)

また、肩は堅そうに見えることから、甲冑や甲虫を連想させる。甲虫とはすなわち、テントウムシである。テントウムシは天道虫と書き、お天道様(太陽)の虫である。天道とは天の道、太陽の軌道のことをいう。天道という言葉は神道とも関わりが深い。

テントウムシというと真っ先に思いつくのがナナホシテントウ(七星天道)だと思う。赤に七つの黒い点がついたテントウムシ。それはまるで、真っ赤な太陽と、そこに浮かぶ黒点のよう。そのビジュアルから、天道虫の名前がついたのでしょうか。

甲虫で太陽といえば、エジプト神話などで神格化されているスカラベ(フンコロガシ)も思いつきますが、このスカラベも死と再生の象徴であり、太陽神の化身といわれている。イメージ悪いけどね、なにしろフンコロガシだからw。

それに比べてテントウムシは見た目が可愛らしいことも手伝って虫界のスターですね。テントウムシが表舞台に立つスターなら、スカラベは裏方って感じかなぁ。まさに「縁の下の力持ち」がスカラベ?

とりあえずここで一旦切って、次回へ続きます。

◇◆◇

次回は天道虫と、11という数字、スペクトル織物との関係について、書いてみたいと思います。

わたしなぜか最近、自分がものすごく織物好きであることに気づいてしまって。それについていろいろ書いてみたいと思っているのですが、まだ知識不足もあってうまく言葉にならなくて、いろいろな布を見て、触って、それぞれの布の持つメッセージをなんとなく目と肌で感じながら、感動している段階ですね。

あと、Painterのテキスタイルも習得したいなと思ってます。数式で自分だけの織物のパターンを作れるの。でもその数式をマスターするのがちょっと難しくてね。説明書を少しずつなんとか頭に入れている段階です。

◇◆◇

あとそうだ、もしかしたら三毛猫も関係するのかもしれない。三毛猫は赤と黒と白で構成されているからね。これは昔描いたまりとテントウムシの絵です。

Angelcat01

記録によると、1999年9月10日に描いたらしい。9月10日の石と花は【金剛石/孔雀草】。

孔雀草(孔雀アスター)のような小花タイプのアスター全般(1)のことを、ミカエルマス・デージーともいい、ミカエルマスとは、大天使ミカエルのお祭りのこと。大天使ミカエルはすでに何度か言及したように、太陽を司る天使です。そしてみけえる=ミカエルなのです。

また、アスターという属名は、a star(星、スター)から来ているそうです。ミカエル=スターという図式が成り立つ。ミカエル=Michael=マイケルであり、マイケル・ジャクソンはスーパースターでしたね。

また、「まり」(MARI)でダイモンを調べたらテントウムシだったのもおもしろい偶然?だと思いました。星座は関係なく、画数の合計が11だったらテントウムシなのです。

さらに、まりの誕生日の“銀河の署名”は「白いスペクトルの世界の橋渡し」ですが、このスペクトルというのが“銀河の音”の11番目の音なのです。ここでも11。

あ、それから、まりの命日は1月11日で、享年11歳でした。

まり【/】【蛋白石/ルピナス】【白いスペクトルの世界の橋渡し】【天道虫
まり☆【/】【孔雀石/芹】【青い電気の夜

とりあえず、ざっとこんだけ。ひとつの記事に要素盛りすぎ、限界!次は虹とスペクトルと織物について整理してみたい。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

1 特に9/10のサブの花(2)でもあるユウゼンギク(友禅菊)のことをいう。友禅…まさに織物と関係大ありですね。

2 誕生日の花メインとサブの説明:
誕生日の花として、より伝統的、一般的だと思われるものを本やネットを参考に5パターン採用し、さらにその中からよりふさわしいと思う配列に、1日1つの花を366日重複しないように選んだものがメインの花、それ以外の4つの花をサブの花としている。

|

« 色のチラリズム | トップページ | 永遠の少女・河合その子ちゃんのこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。