« 福岡という土地 | トップページ | 芸術=再構築=禊祓 »

2010年4月30日 (金)

Tommy february6はりんごの香り

Tommy february6の香りがわかった~!りんごだよ、リンゴ、林檎!

ストロベリーなんたらかんたら本人が書いてるように、本人のイメージは苺だったのかもしれないけど、自分のことは自分ではわからない典型。

苺のイメージにぴったり来るのはもっとこう…自殺しちゃった岡田有希子みたいなタイプだと思う。そういえば、一度ぶちまけた脳味噌は二度と元には戻らないって新曲で歌ってたっけ(嘘です)。

フェブの曲って、まるでりんごを使ったスイーツみたい。まるでアップルパイみたいな。

アップルパイというのはまさにアメリカの象徴で、アメリカ人にとっておふくろの味として真っ先に思い浮かぶのがアップルパイなのだそうです。

そのほかにもアップルコンピューター、ビッグアップル(ニューヨークのこと)など、りんごとアメリカは切っても切れない関係。

◇◆◇

りんごは西洋では最も重要な意味を持つ果物です。

なんといっても有名なのが、聖書に出てくる「智慧の実」としての存在。蛇にそそのかされたアダムとイブが禁断の果実を食べてしまい、神の怒りを買って楽園を追放され、その後は自力で生きていかねばならなくなったという話。

楽園=無知の安寧。智慧の実=自覚とか自立の象徴でしょうか。

りんごは横に割ると芯が五芒星【☆】の形をしているので、人間の持つ知恵を象徴しているそうです。しかし人知には限界があります。行き詰まってどうにもならなくなったときに初めて、神がその慈悲深い手を伸ばしてくれる。それが7って数字なのかなって今思った。

5月の鍵と7月の鍵の両方が必要ってそういうことかな?

【関連記事】
あめのみくりや:5月の鍵とみどりの日

◇◆◇

わたしはチェリーにアメリカ的なものを感じていましたが、それ以上にもっとアメリカンなのがりんごでしたよね。すっかり忘れてたわw

きのう、久しぶりにアップルパイを食べて思い出しました。あと、久しぶりに豚骨ラーメンを食べ、久しぶりにビールを飲み、ワインも飲みました。

Imgp2079 ワインは智慧の女神ミネルヴァの象徴であるフクロウの絵が描いてあるやつ。前は飲めなかったフランスワインが飲めるようになったみたいです。

(昔はフランスワインを飲んで卒倒するぐらい苦手だった。国産やドイツ産やカリフォルニア産なら余裕でいけるのに。)

サイトをみたら、「神様がくれたごほうび」って書いてあって、なんか感慨深いものがありました。

さらに、日本の販売元であるサッポロビールのマークは五芒星☆ですね。これも不思議な偶然。

【参考リンク】
サッポロビール|キュベ・ミティーク

あと気になったことは、ラーメン屋(近所に開店したばかり)の席案内してくれた女の子が、トミーヘブンリーみたいなメイクをしていました(;´Д`)。最近の若い女の子はあんなメイクで普通に外歩いたりバイトしたりしてるんですかねぇ。

っていうか、最近異様に多いってば、トミーそっくりのメイクしてる女の子が。町のそこここに大発生しとる。一体どうなってるんだぁ(;´Д`)。

【関連記事】
あめのみくりや:香りの話あれこれ

|

« 福岡という土地 | トップページ | 芸術=再構築=禊祓 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。