« ストロンチウム鉱物のお話 | トップページ | 被災地の猫の共食いについて疑問 »

2011年4月15日 (金)

虎猫、雉猫、鯖猫、三毛猫

最近、非常に気になってしょうがないことがある。それは、猫の毛色を表現する言葉が乱れていること。

うちのきらちゃんは雉猫だけど、雉虎猫とか言われると違和感がある。何?キジトラって。雉猫は雉猫だよ。

本来の言葉は、虎猫[とらねこ]、雉猫[きじねこ]、鯖猫[さばねこ]だよね。虎のような猫だから虎猫、雉のような猫だから雉猫、鯖のような猫だから鯖猫。それをなんでキジトラとかサバトラとか言うようになったんだろう。

雉虎とか鯖虎って、馬から落ちて落馬したような気持ち悪さなんだよ。言語センスのない人が変な造語をつくって流布しないでほしい。虎猫は虎猫だし、雉猫は雉猫だし、鯖猫は鯖猫なの。

そもそも普通の虎猫を茶虎と言うようになったのも、あの猫虐待映画『仔猫物語』のチャトランがきっかけだし。あの色は猫の世界では赤っていうんだよ。茶虎猫は本当は赤虎猫なの。黒いのが黒虎猫で、雉猫とはまた別(…なんだけど、区別は曖昧です。はっきりした縞模様じゃなくて、点々(スポット)になってるのが雉っぽいですね)。

百歩譲って茶虎ならまだわかるんだよね、だって茶は色名だし、茶色い虎のような猫で茶虎猫だよね。あの色を赤と表現するか茶と表現するかの違いだけ。

でも、雉虎と鯖虎だけは許せない。雉・鯖は虎と同じ動物名だし、茶色のような色名ではない。虎、雉、鯖は並列の関係。それをふたつ重ねるのはおかしい。なんでも盛ればいいってもんじゃないだろう。

もしかして雉とか鯖を、雉色とか鯖色のような色名だと思ってこうなったんだろうか?でも、本物の雉(雌)や鯖を見れば、色だけでなく模様も含めて、全体的な印象がそっくりだと納得できるようなことだと思うんだけど。そこまで想像力が働かないからこうなるんだろうな。

Kiji_tora_saba

※雉は神戸花鳥園のキンケイ(金鶏)の雌、虎・鯖はWikipediaより画像をお借りしました。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

茶虎はまだ許せると書いたけど、でも、猫の色を表現する「赤」が廃れていることによって、弊害は出ていると思う。

赤い猫がどんどん減っているのは言葉がおかしくなってるせいじゃないかと思う。昔は普通にそこらへんを歩いていた赤・黒・白ときれいに三色に分かれた三毛猫[みけねこ]も、今ではほとんど見ることができない。

わたしのハンドルの由来はもちろん三毛猫から。わたしが飼っていた最愛の三毛猫まりにちなんでです。自分で言うのもなんだけど、まりはわたしが今まで見てきた中でいちばんきれいな三毛猫です。

三毛猫というのは、たとえ親猫が赤・黒・白の要素を持っていても、必ず生まれてくるわけじゃないし、模様のきれいさまではほとんど人為的にコントロールはできないと思う。それが三毛猫ブリーダーが存在しない理由だと思う。

猫も人間の赤ちゃんと同じように、神様からの授かり物だとわたしは思っています。まあ、ブリーダーを否定するわけではありませんが。純血種の猫は純血種の猫で好きだからね。とても美しいと思うし、是非とも形態を保存してもらいたいと思う。

でも、三毛猫に関しては、なかなか人だけの力では簡単に出現させることはできないあたり、やっぱり運命だなぁと思わざるを得ません。

そして、三毛猫を大切にするということと、言葉を正しく定義するってことは、なんとなく、物事の根っこでつながっているような気がしてなりません。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

2014/06/30追記:

“雉虎”と並べるのは違和感があると書きましたが、ある毛色の猫にだけはこれが当てはまるとわかりました。それは、赤と黒の縞々が混じった、いわゆる麦藁猫[むぎわらねこ]と呼ばれる毛色の猫。

この猫も三毛猫や錆猫[さびねこ]と同じくメスしかいません。片方のX染色体にだけオレンジ遺伝子(赤毛の遺伝子)が乗っているのでそうなります。錆猫の縞が入ったパターンですね。

麦藁猫の虎柄と雉柄はまさしく並列の関係であるので、虎と雉を並べて雉虎猫と呼んでも差し支えないと思います。というか、麦藁猫こそが真の意味での雉虎猫なのでしょう。

英語に対応させてみても、虎=レッドタビー雉=ブラウンタビーであるので、雉虎=レッド&ブラウンタビーということになり、まさに麦藁猫のことだと思います。

そもそも色情報のないただのタビーを虎猫と訳すのは間違いで、“縞猫”とでも言ったほうが正確だと思います。また、縞々のある三毛猫を“虎三毛”と呼ぶのも“雉三毛”と呼ぶのも“縞三毛”と呼ぶのもいずれも間違いではないと思います。

ちなみに鯖はシルバータビーで、雉にダイリュート遺伝子(脱色遺伝子)が入ったものです。ダイリュート遺伝子の入った薄い色の縞三毛なら、“鯖三毛”と呼んでもいいかもしれません。

ということであるならば、“鯖虎猫”[さばとらねこ]とは、ダイリュート遺伝子の入った薄い麦藁猫(雉虎猫)のことということになりますね。

|

« ストロンチウム鉱物のお話 | トップページ | 被災地の猫の共食いについて疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストロンチウム鉱物のお話 | トップページ | 被災地の猫の共食いについて疑問 »