« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の2件の記事

2014年4月28日 (月)

Welcome to New World

前回は、「ルーシー現象」の説明の一環として、『多重人格探偵サイコ~雨宮一彦の帰還』のあらすじを紹介しました。ルーシー現象という言葉も、このドラマからお借りした便宜上のものです。

ルーシー現象とは、タナトス、つまり死の欲動を大規模に引き起こす力動、とでも考えればよいでしょうか。それをわかりやすく表現したヒントのような作品が『MPDサイコ』であったというわけです。

このドラマは2000年5月に放映されました。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

そして、ここからまたビョークの話題に戻るのですが、同じく、2000年5月に、ビョークの主演映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』がカンヌにて初公開されました。

Dancer in the Dark (2000) - Official Trailer

あらすじ。以下、Wikipediaから引用。

舞台はアメリカのある町。チェコからの移民セルマは息子と二人暮しをしていた。貧乏だが工場での労働は、友人に囲まれて日々楽しいものだった。だが彼女は先天性の病気で徐々に視力が失われつつあり、今年中には失明する運命にあった。息子もまた、彼女からの遺伝により13歳で手術をしなければいずれ失明してしまうため、必死で手術費用を貯めていた。

ここからはわたし個人の感想を交えながらの説明です。

その大切に貯めた手術費用を、信頼していた隣人に盗まれてしまうわけです。そして取り返しに行こうと思ったら逆に泥棒呼ばわりされ、返してほしかったら殺せと言われて、ほぼ不可抗力的に殺させられてしまうのです。強盗犯に仕立て上げられてしまったのです。

金を盗んだ隣人は、妻の浪費癖や生活に疲れ、実は自殺願望を持っていた。しかし警官である彼にとってはメンツは命よりも大切だったため、本当は自分が泥棒なのに、強盗の被害者としての死を選んだのです。目の見えないセルマはその犯人役に仕立て上げられてしまった。

そして裁判が始まり、隣人が金に困窮していた事実を、自分を陥れた相手であるにもかかわらず、二人だけの秘密だからとセルマは律儀に黙秘し続け、結局死刑になってしまいます。

息子の手術費用で弁護士を雇えとアドバイスする友人にも耳を傾けず、当初の悲願どおり、セルマは医者に手術費を預ける。

友人は「息子に必要なのは母親だ」と叫ぶが、セルマは「いいえ、目よ」と言い張って自分の命と引き替えに、息子に目の見える未来を授けるという目的を果たしたのだ。

そんなこんなで死刑執行の日、息子の手術が成功した旨を執行室で聞くセルマ。あとは何も心残りがないかのように、セルマは自分の心の、魂の拠り所であった歌を歌いながら、絞首刑に科せられるのです。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

という、まあ、どう考えても、いろいろとおかしな話なのですが。まずセルマの融通が利かなすぎる。死刑囚の息子なんて汚名を一生背負ったまま生きていかなければいけない息子さんがむしろ気の毒…

多くの方の疑問と同じように、やはり、セルマは息子のためというよりは、自分自身の美学を完成させるために、自分の意志を貫いたかのように思われます。

盲目というのは盲信のメタファーであり、盲信している人にとっては他者というものは存在せず、とにかく自分の内的世界だけなのですよね。

母親が自分の命と引き替えに、さらに死刑囚の汚名を着てまで息子に見せたかった未来とは、一体。息子の目には、未来がどのように写るのだろう。

むしろ、こんな世界壊しちゃえ~ってなりませんかね?(;^ω^)

視聴前にTwitterでこのように予想していたのですが、当たらずも遠からずという感じでしょうか。

というわけで、この映画もまた、タナトスの存在が色濃く感じられる映画なのです。

映像は色彩が抑えられ、カメラワークもわざとホームムービーのような不安定な感じに仕上げられており、ビョーク本人も美貌とはいえないルックス。映像の見た目の美しさというのはあまりないのですが、所々に入っているミュージカルシーンだけは大変切なく美しく、本当にそれだけが救いのような映画です。

すべては音楽のために。というわけなのでしょうか。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

ここからやっと本題。

ダンサー・イン・ザ・ダーク』と『MPDサイコ』の関連性について。

なんの関連性もないこの二つの映画、一つはカンヌ国際映画祭の最高賞を受賞した名作、一つは人々の記憶の墓場に埋もれたB級ホラーなんで、比較するのも失礼かもしれないけど、まあ、だからこそ、このブログの意義があるというか、誰もやらんことをやるんですw

この二つの作品に共通するのは、公開時期と、<目>と、タナトスと、主題歌のタイトル。ビョークのほうはNew World [新世界]、サイコのほうはStrange New World [奇妙な新世界]。挙げてみるとけっこうありますね。

Björk - New World (ending of Dancer in the Dark)


If living is seeing
I'm holding my breath
In wonder - I wonder
What happens next?
A new world, a new day
To see, see, see...

生きることが 見ることなら
かたずを呑んで 見守るわ
ああ 胸を躍らせて
次に何が起こるのか
新しい世界 新しい日々を
見届けるわ この目で…

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

さらに、ビョークについて調べてみると、1996年に興味深い事件が発生しています。

ビョークの婚約報道にショックを受けた熱狂的なファンが、ビョークに爆弾を送りつけ、自分は自殺して、その一部始終をビデオに記録していたのです。本人は首尾よく自殺を成し遂げたが、爆弾のほうはビョークに届く前に警察が発見したとのこと。

当時の報道番組にそのビデオの一部が公開されており、現在でも視聴することができます。いわゆる海外の「キモヲタ」というやつでしょうか。やっぱり海外はスケールが違うね。

【参考リンク】
【ニコニコ動画】【基地外注意】ビョークのストーカーによる自殺実況ビデオ

そして興味深いのが、最近自殺実況って流行ってますが、自殺実況の元祖が、このビョークのストーカーなのではないでしょうか。

1996年ですから、1998年hideの自殺(謎の死)より前です。ここでhideの名前を出すからには、やっぱりこれもルーシー現象の一環であると、わたしは思っています。1998年から日本で若者の自殺率がうなぎ登りになっていることからも、それがわかります。

だからわたしはhideが元祖かと思ったのですが、それ以前にビョークの事件があったので、これも見過ごすことはできないと思いました。

もちろん、それ以前にもミュージシャンの自殺というものは昔からあります。カート・コバーン(1994年没)しかり。わたしは当時のことをあまりよく知らないのですが、アメリカではやはり後追い自殺等あったのでしょうか。

ここで言うルーシー現象、正式には、「ウェルテル現象」というものに近いかもしれません。ゲーテの『若きウェルテルの悩み』にちなんでいるそうです。

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

わたしは何も、誰かを糾弾したいわけではありません。魅力的なものというのは、得てして、このような危険な吸引力を持つものだと、そのことをただ言いたかっただけです。

美に魅入られるのも、死に魅入られるのも似たようなもの。

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

ルーシーの起源

まだビョークの話題の続きなのですが、それもちょっと絡めながら、「ルーシー現象」を最初に起こした人物は誰かという話を少し。

まずは、ルーシー現象って何?って話をざっと。この漫画原作のドラマが元ネタとなっています。厳密には、元ネタと言うよりは、概念をわかりやすく説明するためのツールだと思います。

『多重人格探偵サイコ~雨宮一彦の帰還~』
2000年5月2日~5月7日 23:00~24:00
六夜連続WOWOWにて放送
原作・脚本:大塚英志、監督:三池崇史

以下はトレイラーなのですが、最初の00:50~01:00頃に河合その子(“龍妃”名義)登場してます。本編には登場せず、物語の外側からそれを語る、あるいはそれを見つめている人物ということが示唆されている。

このトレイラーでかかっている曲は主題歌の『Strange New Worldルーシー・モノストーンの曲ということになっていますが、実際の作曲者は後藤次利です。

MPD PSYCHO Trailer

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

ストーリーはちょっと説明しにくいけど、肉体とは独立した精神生命体が、他人の意識の中に入り込んで(人格転移して)目的を遂げるための道具にしていくみたいな話です。

その目的というのが、猟奇殺人等の破壊活動や、集団自殺を引き起こすこと。それを作中ではキーパーソンのルーシー・モノストーンにちなんで「ルーシー現象」と呼んでいる。

その精神生命体が憑依している肉体が絶体絶命で逃げ場がなくなったら、自ら命を絶ち(肉体を殺し)、死ぬ寸前に、電話回線の向こう側にいる人や、物理的に近くにいる他人に乗り移り、別人となって逃亡する。だから絶対に捕まらないという仕組み。

そのような現象を起こせる人たちには共通の特徴があり、それが左目のバーコード。作中では目の近くのほくろもよく印象的な写し方をされていました。

<目>というテーマがすごく重要なんですよね。左目のバーコードは、工業製品とか、量産型を暗示する。

彼らはオリジナルにこだわる。なぜなら、量産型たる自分にはオリジナリティがないから。犯罪だってコピーキャットだ。

ルーシー現象、それはおそらく、つくられしもの、被造物、量産型の工業製品の反逆…なのかもしれない。

バーコードは量産品、すなわち「特別じゃない」印だ。だけど、次世代のルーシー・チルドレンにとっては、逆に、それが彼らの選民意識をくすぐる特別な印になっていた。

それはまるで奴隷の足枷自慢。囲われた閉ざされた環境では、次第に自らを縛る印こそがステイタスになっていく。

ここからちょっと『ロリータの温度』につながるんですが、『葡萄姫』はなぜ、自分以外の少女たち(いわばルーシーチルドレン)を皆殺しにしたのか。

これもおそらく、自分だけが特別の、唯一の存在になりたかったからではないか。殺された他の少女たちは、これも想像でしかないけど、おそらく奴隷の足枷自慢タイプだったのではなかろうか。

葡萄姫は、そのような環境ごと、すべてをぶち壊したかった。もちろん元凶の誘拐犯・バーコードの青年も含めて。

しかし首尾よく全員始末したあとに彼女に遺されたものは、人々を欺くための虚偽の自分と、内面の空虚だけ。悲しくもなく、楽しくもなく、ただただ、そこには空虚しかなかった。

うつろな瞳に、あたかも無機質なビデオのように、ひたすら時代を記録し続けるロリータ℃、彼女はひたすら待っている。一億年後の地球に咲く花を摘むその時を…

◆◇◆ ◇◆◇ ◆◇◆

思いっきりB級映画なんですが、出演は保坂尚輝、中嶋朋子、大杉漣、裕木奈江、三浦理恵子、栗山千明、平野綾 等、なかなか豪華なキャストでした。

ここからは漫画原作のほうの話になると思いますが、結局、ルーシー・モノストーンって何?ってことなんですが、これは作中では、タナトス死の欲動)のことであると語られています。

そのタナトスの化身が伊園若女であると。そして伊園若女は…

【関連記事】
あめのみくりや:伊園若女と河合その子
あめのみくりや:サイコと緑の少女と昭和の怨念
あめのみくりや:最近聴いている音楽その1:後藤次利

↓サウンドトラック 視聴できます。

【ニコニコ動画】ロリータの温度 / ロリータ℃

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »