« May J.について プロローグ | トップページ | 雪の隠者と太陽の隠者 »

2014年7月17日 (木)

愛しのMayちゃん

まず、前記事に書いた、May J.の歌声がわたしの心に響いてくるようになった経緯をば。

非常に電波な話で説明が難しいのですが、目に見えない意識体のようなもの(エネルギーの塊)が、わたしの元に訪れるようになりました。それは最初はエルサの姿をしていました(目には見えませんが、そういうイメージで来る)。

エルサ”は、わたしの元に、ある言葉を残していきました。それはここには書きません。ちょっと言いにくいのでw。 I Love Youの一表現だと思ってくれてかまいません。

まあ、そのような電波入った状態だと、今までなかなか共鳴することができなかったMay J.の歌声とチャンネルが合うようになり、心に響いてくるようになりました。エンドレスで何度も聴きたくなりました。

しかし、まだそのときはMay J.の姿は現れていなくて、実は、わたしの中ではエルサはその子ちゃんと重なっていました。なぜなら、雪の女王=氷の白鳥=絶対零度の中で眠るロリータ℃だからです。

【関連記事】
カテゴリ[河合その子]の記事

そんなこんなで、面白いことがわかってきました。なんと、May J.の誕生日はその子ちゃんと同じく6月20日だというのです。

さらに、May Jの熱愛報道がなされたことは記憶に新しいですが、そのお相手の尚玄ってモデルもなんと同じ誕生日、しかも、熱愛報道された日も6月20日だったのです。

(沖縄出身で「尚」という字が名前に入っているところも「んんっ!?」と思うのですが、それはまあ置いといて…)

6月20日という日をこれでもかと印象づけ、その子ちゃんにかぶせようとしている?と思い、最初は「なんなのこの人はー!」とちょっと不快に思ったことは事実です。

しかし、彼女の動画を見たり、いろいろ調べていくうちに、わたしはMayちゃんが大好きになってしまったのです。なんかもう可愛くてしょうがないという感じですね。想うだけで、なんだか心があったかくなります。心があったかいと、外部世界がいくら寒くても平気なんですよ。

というわけで、わたしはMayちゃんにぜひ現実世界のエルサをやってほしいのです。Mayちゃんしかいないでしょう、やっぱり。

さらに興味深いのが、エルサの声優である松たか子の誕生日は、その10日前の6月10日。May J.が核心なら、松さんはポイントを少し外した辺縁。だからこそ不快要素は少ないのですよ。

次の記事で、May J.の声質の謎に迫ります。今までは前置きだと思ってください。

YouTubeに上がってるMayちゃんの生レリゴー(日本語版)ではこれが一番好きheart

May J.がアナと雪の女王の主題歌「Let It Go ~ありのままで~」を生歌披露

|

« May J.について プロローグ | トップページ | 雪の隠者と太陽の隠者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« May J.について プロローグ | トップページ | 雪の隠者と太陽の隠者 »