miche.cocolog-nifty.com > こんぴらさんの狛猫

京都府京丹後市の金刀比羅(ことひら)神社《こんぴらさん》には、世にも珍しい狛猫がいます。

こんぴらさんの狛猫

こんぴらさんの狛猫

ここは金刀比羅神社の神社内摂社で、猿田彦神社/木島神社です。猿田彦神社は交通安全・導の神、木島神社は機織・養蚕の守護神。

丹後地方は古くからちりめんの名産地であり、養蚕の天敵はねずみだから、ねずみを退治してくれる猫を、機織り・養蚕の守護神として大切にしていたそうです。


左の狛猫

左の狛猫

阿吽が普通の狛犬とは逆になっているようです。普通は右が阿、左が吽なのですが、ここの狛猫は右が吽、左が阿になっています。仔猫も連れていますね。


右の狛猫

右の狛猫

口を閉じた吽。阿吽が逆になっている理由は、やはり猫に関係しているのでしょうか?


左の狛猫

左の狛猫

角度違いでもう一枚。


右の狛猫(アップ)

右の狛猫(アップ)

狛犬はたいてい獰猛な顔つきをしていますが、この狛猫は怖くなくて愛教がありますね。ちゃんと口元がωなのがうれしい。ただ、猫にしては耳がちょっと小さすぎますね。これじゃあ、まるでねずみ。


左の狛猫(アップ)

左の狛猫(アップ)

くわっと口を開けた阿。でも怖くないんだな~。やっぱり愛教があってかわいい。よく見ると歯はすごいことになってるけど。牙がないのが残念だ。

耳が欠けちゃってますが、稲荷神社の狐みたいに、誰かが折って持ち帰ったりしちゃうんでしょうか?なんか願掛けにいいらしい。むしろバチが当たりそうって普通は思っちゃいますけどね。


仔猫のアップ

仔猫のアップ

左の阿が連れている仔猫のアップ。親猫より仔猫のほうが賢そうな顔をしています。


右の狛猫(横から)

右の狛猫(横から)

さらに角度違いでもう一枚。猫らしい顔のラインが出てると思う。


左の狛猫(横から)

左の狛猫(横から)

こんな感じです。個人的には口開けてるほうが好きかも。


その他の狛犬

その他の狛犬

この一角には狛猫のほかにも、狛犬が何対もいます。その中の一体を狛猫を背景に。


まゆげ狛犬

まゆげ狛犬

苔がちょうど立派な眉毛みたいに生えている狛犬を発見!かっこいい!